【水】をキーワードに びわ湖源流の郷(滋賀県高島市)と都市住民をつなぐ...

私たちの思い

「びわ湖源流の郷 たかしま」について
 高島市は、琵琶湖に注ぐ総水量の38%もの水を生み出す地であることから、「びわ湖源流の郷」としての魅力を活かしたまちづくりを進めています。 高島市の森林から生み出された豊かな水が、地域の魅力を生み出し、琵琶湖に注ぎ、下流域の人々の生活を支える源となっています。
 ところが、今まで高島に暮らす人々は、豊かな自然や貴重な歴史資産を守ろうと意識して暮らしてきたわけではなかったと思います。 ですが、少子高齢化に伴う多くの問題を抱え、里山などが荒れる現状を見るとき、これからの私たちは、積極的に、そして意識して、こうした高島市の豊かな自然や、歴史・文化資産などを守っていくと共に、安全・安心の暮らしのための取り組みが重要になってきます。
 そして、市民一人一人が力を合わせ、同時に大都市圏に暮らす人々に田舎体験や安全・安心の食や暮らしなどを提案し、高島市民と都市圏の人々の双方が力を合わせて "守るという視点" ではなく、 守ることが同時に暮らしを豊かにすることに繋がることを自覚して生活できたらと思います。
biwako-yodogawa.jpg

団体紹介
NPO法人 e ネットびわ湖高島 は行動します!
  1. 豊かな自然や歴史・文化遺産が残る高島市は、日本人の心の故郷です。その魅力をインターネットで発信することによって、高島市外と市内の人々との架け橋となり、エコツーリズム誘客につなげ、高島市を元気にします。
  2. 観光誘客の次のステップとして、都市住民と高島市民との交流を目指し、最終的には定住促進に結びつくように活動します。
  3. 市内経済の活性化を目指し、高島市産品のネット販売手法の研究を行い、その成果を市内事業者へ提供します。
  4. 市内の非営利市民活動団体に対して ICT技術面の後方サポート(中間支援活動)を行います。
  5. 社会をよくするために頑張る非営利活動を応援するため、2017年までに市民活動基金(まちづくりファンド)創設を目指します。
認定NPO法人 e ネットびわ湖高島
   理事長 仁賀 定夫
     准認定ファンドレイザー
当法人は、滋賀県より「認定NPO法人格」を与えられていることから、寄付者は税制優遇策を受けられます。




ICT分野の中間支援活動について

 高島市をベースに公益的な活動をされている団体を対象に無料で中間支援活動を行っています。(有償にて市内事業者のお手伝いも行っています)

私たちが出来ること...
  1. ウェッブサイト(HP)や facebook、twitter を活用した市内外への情報発信
  2. 市外への情報発信手法のアドバイス (ネットでのマーケティング・販売手法など)
  3. 更新が容易なウェッブサイト(HP)構築のお手伝い (ワープロ感覚で内容更新)
  4. 訴求力があるプレゼン手法の検討 (シナリオ作り/パワーポイント活用など)
  5. パソコンデータの信頼度向上対策 (ハードディスクが壊れて慌てないように!)
  6. パソコン会計ソフト導入アドバイス (低価格ソフトで面倒な作業をスマートに)
  7. NPO法人会計基準に切り替えるためのアドバイス(どうせなら早くやりましょう)
  8. その他 ICT やパソコン活用に関すること (Android スマートフォン活用など)



びわ湖源流の郷 たかしま 情報 発信中 → (facebookページはコチラ)
まちづくり
お勧め図書





 滋賀県高島市内の 組織・団体(任意団体やNPO法人など)や事業者などを対象として、ICT系中間支援活動の一環として、更新が容易なウェッブサイト構築のお手伝いをしています。

 お気軽にお問い合わせ下さい。